ヨーグルトダイエット

ヨーグルトを朝食や間食の代わりに食べて、ダイエットしようというものです。
ダイエットの中心的なものというよりは、補助的な役割を担うものだといえます。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

ヨーグルトダイエットの効果・方法・注意点

どうして効果があるの? どんな人に合ってる?

ヨーグルトに含まれる健康成分として有名なものがビフィズス菌。ビフィズス菌は腸内環境を整えてくれるので、老廃物を排出して太り難い体質にかえていく事が出来ます。

また、ヨーグルトはローカロリーの食品であるため、朝食などを置き換える事で摂取カロリーをカットする事が出来ます。

ヨーグルトダイエットは朝食や間食を置き換えるというものが中心となるため、もともと朝食や間食を食べない人ではやり難いかもしれません。

腸内環境を整える役割を持っているため、ストレスなどで胃腸が荒れがちな方にもいい方法だと言えるでしょう。

どうすれば効果的?

ヨーグルトダイエットを効果的に行うためには、糖分などを避けてヨーグルトを食べる必要があります。味付けには糖分の低いジャムなどを選ぶのも良いでしょう。

また、ヨーグルトにスキムミルクなどを混ぜる事でカルシウムなどの栄養価を高めると、腸が元気になって痩せやすい体質作りに役立ちます。

ヨーグルトをいつもの食事に追加しただけでは痩せないので、適度な運動は必須です。

注意点・副作用は?

ヨーグルトだけを食べてダイエットという話がよくありますが、それでは栄養が偏って体調を崩します。無理なダイエットはやめましょう。

ビフィズス菌や乳酸菌の影響で、腸内環境を整える事により、便秘や下痢などの問題の改善や、免疫力を高めるという嬉しい効果もあります。

具体的方法は?

朝食や間食にヨーグルトを一食で200g食べるようにしましょう。その際、砂糖などは使わないように工夫する必要があります。

また、ヨーグルト以外の食事ではなるべくバランスのとれた食事を心がけましょう。

ヨーグルトにスキムミルクを追加してカルシウムを増やすと骨粗しょう症の予防にもなり、効果も高まるのでおすすめです。