おからダイエット

おから、別名うの花とは、簡単に言えば大豆を煮て水分をしぼったものです。おからにはたんぱく質やビタミン、食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエットにはもってこいの食品だと言えます

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

おからダイエットの効果・方法・注意点

どうして効果があるの? どんな人に合ってる?

おからダイエットの主役は食物繊維とたんぱく質。食物繊維の膨張によって満腹感を得て、たんぱく質の摂取によって脂肪燃焼を補助します。

食物繊維には整腸作用もあるので、腸内のデトックスになり、下腹がぽっこりと出た体型も改善することが出来ます。

また、原料である大豆には脂肪や糖質の吸収をゆっくりにする大豆サポニンと、脂肪の燃焼を促してくれる大豆ペプチドとうい成分がある(性格には大豆たんぱく質が体内でアミノ酸に変化する時に出来る)ので、ダイエットに効果的です。

納豆ダイエットと同様、洋ナシ型体型の方や筋力がつき難いバナナ型体型の方に合っています。また、料理方法が色々なので料理を楽しめる方にもいいのではないでしょうか。

どうすれば効果的?

おからダイエットを成功させる秘訣は水分です。
おからは単品では水分がなく、このままでは食物繊維もあまり活躍しません。
なので、食事前あたりから水分を多めに摂って、それからおからを食べる事によってお腹の中で食物繊維が膨れ、効果的にダイエットが出来ます。また、せっかくの高たんぱく食品なので運動をして筋力をつけ、基礎代謝を上げるといいでしょう。

注意点・副作用は?

おからは高たんぱく食品であり、栄養価は高めです。
水分をとらないで食事をしていると食物繊維の効果も薄れ、摂取カロリー過多になりがちなので、他のダイエットと併用したり、運動を併用したりするか、全体的な食事制限の中に取り入れるといいかもしれません。

豆腐や納豆同様、おからの原料は大豆なのでビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、美肌効果や、イソフラボンによるバストアップ効果なども得ることが出来ます。

具体的方法は?

具体的には、料理の中におからを入れる方法が考えられます。
おからは比較的料理に利用しやすく、ご飯とまぜておからご飯にしたり、お肉のかさ増しに使えたりします。
おから自体が粉上のものであるため、小麦粉などと混ぜてうどんやすいとん、クッキーなどを作ることもできます。

もちろんおから単体で食べる事も出来ますが、それだけでは飽きやすい食材でもあるため、なるべく様々な料理の中にとりいれてみましょう。