チョコレートダイエット

高脂肪で高カロリー。ダイエットの敵だと思われているチョコレート。
実は、上手に食べる事でダイエットの味方につける事が出来るんです。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

チョコレートダイエットの効果・方法・注意点

どうして効果があるの? どんな人に合ってる?

先ず最初に、チョコレートダイエットで食べるべきチョコレートはカカオ含有率が70%以上のもの。その理由はカカオに含まれるタンニンやカカオポリフェノールにあります。

タンニンとはワインや柿などにも含まれる苦味の成分で、整腸作用を持ちます。チョコレートには食物繊維も含まれていて、これらの効果で腸内をキレイにし、痩せる事が出来るのです。

カカオポリフェノールは血液をさらさらにして血行を良くするので、代謝が上昇します。

また、チョコレートは食べると血糖値をすばやく上昇させる働きがあるので、食前に食べておくと食欲を抑えることが出来るのです。

チョコレートにはストレスを和らげる効果もあるので、リラックスした状態で行えるダイエットの一つ。そのため、ストレス食いによって太ったり、リバウンドをする可能性も弱めだと言えます。

どのタイプの人でもあっている方法ですが、やはりチョコレートを食べるダイエットですから、女性にぴったりなダイエット方法ではないでしょうか。

どうすれば効果的?

チョコレートダイエットの要はカカオの量と食べるタイミングです。

最近では市販されているチョコレートの中にもカカオの量が多いものが増えてきているので、それらを利用しましょう。

食べるタイミングは食事の20分前くらい。そして、なるべく少量をゆっくり食べるようにします。

間食をする時もなるべく少量をゆっくり味わうように。それが食欲を抑える一番のコツです。

注意点・副作用は?

チョコレートダイエットをする上で最も注意しなければいけないのは食べるタイミングと食べ方。

チョコレートは血糖を上昇させる働きなので、言ってみれば低インシュリンダイエットとは真逆のダイエット方法。
チョコレートを食べてカロリーが高い食事をしたり、食事をした後にチョコレートを食べたりすれば、あっという間に体脂肪が増加してしまいます。

必ず食事の前と間食の代わりに、ゆっくりと味わって食べましょう。

ダイエット以外の効果としては、ストレスを軽減したり動脈硬化などの成人病を予防する働きがあるので、健康面でとても良い方法だといえます。

具体的方法は?

カカオ含有率70%以上のチョコレートを、食事の20分くらい前から少しずつ、ゆっくり食べます。

チョコの量は1日に50gまで。これは板チョコの半分くらいの量です。

また、食事によるカロリーを取りすぎれば間違いなく太るので注意しましょう。