キャベツダイエット

キャベツダイエットとは、その名の通りキャベツを積極的に食べてダイエットしようという方法で、食事の中にキャベツを取り入れる方法と、食前にキャベツを食べる方法の2通りがあります。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

キャベツダイエットの効果・方法・注意点

どうして効果があるの? どんな人に合ってる?

キャベツには食物繊維が多く含まれているために満腹感が得られやすく、さらにカサがあるため無意識のうちに噛む回数が増加し、食べるスピードがゆっくりになります。

結果として食事量が自然と制限され、摂取カロリーが減少する事でダイエットとしての効果があらわれ、食物繊維が腸内をきれいにしてくれる事でデトックス効果となり、痩身効果があります。

キャベツダイエットは食事量制限のダイエット方法なので、基本的にどのタイプの人でも合っていますが、食事量制限という内容から、特にリンゴ型体型の人にあっている方法だといえます。
また、メニューに違いを作りにくい分、飽きにくい性格の方にあっているのではないでしょうか。

どうすれば効果的?

キャベツダイエットを効果的に行うためには、とにかく良く噛んでゆっくりと食べる事です。
それによって満腹中枢を刺激する事が出来れば、食事量は自然と減ってストレスも特に感じることがなく食事制限をする事が出来ます。

注意点・副作用は?

注意点としては、たんぱく質を他の食事でしっかりと摂取する事です。
食事量全体を減らす方法のため、脂肪燃焼と同時にたんぱく質が失われやすく、たんぱく質が失われると筋力が落ちて痩せ難い体質になってしまうので注意しましょう。

一方、キャベツにはビタミンCが豊富であるため美肌などの美容面でも役に立つ事、食物繊維のはたらきによって便秘解消にも役立つ事、そして更にボロンという成分の働きによってバストアップの効果があるという嬉しい作用があります。

具体的方法は?

具体的な方法としては、食事中にキャベツスープなどとして取り入れる方法と食前(特に夕食前)に生キャベツを食べる方法がありますが、食事中よりも食前に食べた方がより効果的だと言えます

食事前に生のざく切りキャベツを、6分の1個ほど、良く噛んで食べましょう。その際、味付けにはノンオイルドレッシングや塩、レモン果汁などのカロリーが無いものを選びましょう。

味付け例:塩コショウとレモン、柚子コショウ、ゴマとレモン、ポン酢醤油など