カプサイシン

体を温めて血行を促進させる効果のあるカプサイシン。その効果とは。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

カプサイシンの効果や特徴

カプサイシンの分類

脂肪燃焼補助型

カプサイシンとは

カプサイシンが多く含まれている食品として代表的なものはトウガラシ(特に種の付近)で、トウガラシの辛さの単位はスコヴィルといい含まれているカプサイシンの量で決まります。

カプサイシンは刺激性を持つ成分であり、痛みや辛さを感じさせます。

カプサイシンを摂取すると脳に刺激を与え、発熱感がおきますが、これはカプサイシンが脂肪を燃焼しているわけではありません。

カプサイシンは体内に取り込まれると脳に刺激を与えて、アドレナリンの分泌を盛んにします。

アドレナリンが盛んに分泌されるようになると、心筋の収縮力が強まり血管が拡張する事で、全身の血流は上昇し、代謝が上昇します。

ただし、カプサイシンの摂取によって代謝が上昇して脂肪が燃焼しやすい状態になっても、運動をせずにそのままでいれば時間が経つにつれて最終的には体脂肪として蓄えられてしまいます。カプサイシンを摂取した後は運動をするよう心がけましょう。

殺菌作用や胃液の分泌を促す機能もあるので健康にも良い成分ですが、胃に対する刺激なども強いために過剰な摂取は控えましょう。