ダイエットの仕組み(応用編)

「○○を食べて脂肪燃焼」「○○を食べて痩せる」などはどうして可能なのでしょうか。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

食品等の持つ様々なダイエット効果

ダイエットの仕組み(基本編)で、摂取カロリー<使用カロリーがダイエットの鉄則。と書きましたが、それではなぜ「○○を食べてダイエット」というような方法が世の中には沢山あるのでしょうか?

これらのダイエット方法は、大きく分けて4つに分類する事が出来ます。

1つは使用カロリーを増加させる方法。
2つ目は摂取カロリーを減少させる方法。
3つ目は脂肪燃焼などの効果を狙った方法。
そして、4つ目は体の中をキレイにする方法です。

それぞれの具体的な内容

まず、1つ目の方法としてあげられるものが生姜やキムチを食べる方法で、体を温めるダイエットに多い方法です。
体を温める事によって代謝を活発にして、使用エネルギーを増加させる事で、摂取カロリー<使用カロリーの鉄則に従っています。勿論運動によって使用エネルギーを増加させるのもこの方法です。

2つ目の方法としてあげられるものがスープダイエットや水ダイエットなどで、カロリーの少ない食事で満腹にする事で、摂取カロリーを減少させる方法で、こちらも鉄則に従います。

3つ目の例としてあげられるのがパイナップルなどを食べる方法で、食べ物に含まれる酵素などで脂肪が燃焼される働きを利用して、体脂肪を分解する方法。サプリメントでアミノ酸を摂取する方法などもこの一例と言えるでしょう。

そして4つ目の例としてあげられるのがキャベツや寒天などを食べる方法で、食物繊維などで体の中の老廃物を体外に排出することで痩せる方法で、デトックスとも言い換えられます。

ただし、いずれの方法にしても基本編であげた鉄則が覆る事は無く、○○を食べてるからいくら食べても太らない・痩せられるという方法は確実に誤りであると言えます。

特に3つ目と4つ目の方法に関しては、直接ダイエットとなる方法というよりかは、ダイエットの補助をする方法と言えるかもしれません。

ダイエットを成功させるためには一つの方法だけに頼るのではなく別の方法も組み合わせて相乗効果を狙うとより効果的に行えます。