豆腐ダイエット

豆腐を主食に置き換えてカロリーを減らそうというダイエット方法です。
ごはんなどを豆腐に代える方法とお肉のかさ増しなどに豆腐を利用する方法、そして1食を豆腐だけにする方法などがあります。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

豆腐ダイエットの効果・方法・注意点

どうして効果があるの? どんな人に合ってる?

豆腐は水分を多く含んでいるため、カロリーがとても低い食品です。絹ごし豆腐の場合、140gで80kcal程度なので、同量のご飯(男性用茶碗の1杯くらいの量)と比較すると3分の1くらい。1日3食を豆腐に置き換えると、それだけで約500kcalのカロリーを抑えることが出来るのです。

豆腐ダイエットは炭水化物をカットする内容なので特にリンゴ型体型の人に合っていると言えます。
また、たんぱく質も豆腐によってとる事が出来るので、バナナ型体型の人にもおすすめです。

どうすれば効果的?

豆腐ダイエットを効果的に実践するためには、3食の内、特に脂肪になりがちな夕食を豆腐に置き換えると効果的だと言われます。ハンバーグなどの肉料理の時や、鍋などの時にも積極的に豆腐を利用するといいでしょう。

豆腐を食べるときは、冷奴よりも湯豆腐など、温かい状態で食べた方が体を温められるのでダイエットにいいでしょう。また、豆腐だけでは栄養が偏りがちなので、野菜なども多めにとる事が大切です

豆腐ダイエットはたんぱく質の摂取も積極的に行えるので、なるべく運動を併用しましょう。

注意点・副作用は?

よくありがちな間違いとして、豆腐ダイエットだからといって豆腐しか食べないような方がいますが、それでは栄養が偏り、体調を崩してしまいます。

また、豆腐を食べ続けていると飽きてしまいがちなのですが、油を使った調理方法やオイルの入ったドレッシングを使ってしまえばあまり効果はありません。

豆腐ダイエットの他の効果としては、豆腐に入っているビタミンやミネラルによる美容効果や、大豆イソフラボンによるバストアップ効果などが考えられます。

具体的方法は?

豆腐をご飯の代わりに食べる方法であれば、一度電子レンジなどで少し温めてから食べると良いでしょう。
味付けをする場合はポン酢醤油などでさっぱり目に。

または、朝食と昼食は通常通り食べて夕食を豆腐だけにしてしまう方法もあります。

揚げ豆腐などを食べる場合は一度火であぶる等して、カロリーを抑えられるようにしましょう。

豆腐はローカロリーといっても栄養価は高い食品です。軽いジョギング程度でもいいので、運動を併用して行いましょう。