ダイエットと睡眠

睡眠というと、人間の生活にはとても重要だけど、ダイエットには無駄な時間だと思う人もいるかもしれません。
睡眠時に人が運動をする事はまずありません。
そのため、睡眠時の消費カロリーは日中の活動時よりも必然的に低い状態になります。
では、ダイエットを本気で行いたい場合は寝る間もおしんで運動を続けた方がいいのでしょうか。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

ダイエットと睡眠の関係

実は、睡眠はダイエットにとっても非常に重要な役割をもった活動なのです。

その理由は、主にホルモンに有ります。

まず、筋力トレーニングによる運動などを主体にしたダイエットを行う場合、ダイエットで重要となるのは筋肉の成長になります。

この筋肉の成長が行われるのは主に成長ホルモンが分泌されやすい夜の睡眠時で、特に夜の22時から2時の間がもっとも成長ホルモンの分泌が盛んだと言われています。

つまり、この時間帯にしっかりとした睡眠を摂る事が最も筋肉を成長させるのに重要であり、しっかりと睡眠をとっていないと筋肉も付き難く、効果が表れ難いという事になります。

また、食欲を司るホルモンのグレシンとレプチンというホルモンも睡眠によって影響を受けます。

人はグレシンというホルモンによって食欲がわき、レプチンというホルモンによって満腹感を感じるようになりますが、睡眠時間が短くなるとこのグレシンというホルモンの量が上昇して、逆にレプチンというホルモンの量が減少してしまうのです。

これは睡眠時間が減少して活動時間が増加するという環境変化に対応するために恒常性が働くためだと考えられます。

つまり、睡眠時間が不足する事で食欲を余計に強く感じるようになってしまう。
その逆に、睡眠時間をしっかりととっていれば食欲が過剰になりにくく、ダイエットも成功しやすいという事になります

ダイエットをするためには、質の良い睡眠をとる事が重要なのです。睡眠は美と健康の基本。睡眠をしっかりととって、健康的にダイエットを行いましょう。