運動でダイエットの基本編

運動でダイエットをする時、どのような運動方法を選ぶかでその主旨が変わって来ます。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさを追求するキャリア十分の専門医集団!
脂肪吸引で城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材!

リバウンド無しの脂肪吸引 城本クリニック 全国25院、20年以上の歴史と実績 城本クリニック

ダイエット運動の分類

運動はダイエットの基本です。

運動でダイエットを行う場合、ダイエットは2種類に分けることが出来ます。

その一つ目が筋力をアップさせて、基礎代謝を高めるダイエット方法。
二つ目が長〜中時間の有酸素運動で、脂肪を燃焼させる方法です。

それぞれの目的・効果・注意点

ウェイトトレーニングなどの筋肉を鍛えるような無酸素運動は、通常短い時間で行われるためにそれだけでは脂肪を燃焼させる事は難しく、こちらの運動で痩せるのは基礎代謝が高まるからです。

筋肉は体の中でも基礎代謝の高い部分なので、それが増えれば1日の使用カロリーが増えて痩せやすく、太り難い体になります。
筋肉質な人の方が体温高めであるのも筋肉の代謝の高さが原因です。

一方、ジョギングなどの有酸素運動では筋力はあまり付きません。しかし、有酸素運動を長時間行うと、筋肉を動かし続けるために多くのエネルギーが消費されます。

特に20分以上の運動になると体温の上昇によってリパーゼという脂肪分解を行う酵素の働きが活発になり、脂肪をエネルギー源として利用しはじめるので脂肪を直接燃焼させる事ができます。

ウェイトトレーニングなどの方法は主に筋肉を痛めつけて、筋繊維を断裂させるために行います。断裂した筋繊維が繋がりなおす時に、より強い筋肉になるのが筋トレの目的なのです。

筋繊維をつなぎなおすためには新しい繊維を体の中で作らなければいけないので、沢山のたんぱく質と筋肉を修復するための時間が必要となります。逆に言えば、たんぱく質や休憩を取らないで運動をし続けてもあまり筋力は増加せず、効果が出にくくなってしまいます。

女性がダイエットを行う場合は体型を細くする事が一番の目的ですので、無酸素運動で脂肪を燃焼させる方が目的にあっているかもしれません。
この場合、たんぱく質は脂肪と同時に燃焼されてしまうのでその分補う必要はありますが、取りすぎるとその分また脂肪となってしまうので、注意が必要です。